フルブライト日本同窓会は、フルブライト奨学金を得て
日本から米国へ留学した皆様の同窓会です。

米国の故ウイリアム・フルブライト上院議員の働きかけにより発足したアメリカと諸外国との相互理解を目的とした人物交流事業が「フルブライト交流事業」です。

この事業の一環として、当初はガリオア・プログラムとして1949年から1951年まで、約1,100名の日本人が米国へ留学しました。1951年には日米相互の人物交流に関する覚書が交わされ、1952年からは「フルブライト交流事業」が始まりました。1952年以降今日まで、フルブライト・プログラムとして米国へ留学した日本人は約6,600名にのぼります。

当初は米国政府資金のみで運営されていましたが、1979年からは日米両国折半となり、運営主体として「日米教育委員会」が設置されました。1982年には全国主要地区に「ガリオア・フルブライト同窓会」が設置されるとともに、その調整機関として、「ガリオア・フルブライト同窓会全国理事会」が置かれ活動してまいりました。

2012年の「フルブライト・プログラム」60周年記念事業を経て、2013年7月には、今後の同窓会活動の一層の活性化、組織強化の観点から「ガリオア・フルブライト同窓会全国理事会」を発展的に解消し、全国組織の一体化をめざし、新たに地区同窓会をも包摂した「フルブライト日本同窓会」が設立され、活動を推進していくことになりました。

1986年にはフルブライト同窓生により、日米教育交流振興財団が設立され、両国政府の資金に加え、民間資金の援助も受けることになり、現在では合計で年間にそれぞれ約50名の日本人と米国人の人物交流が実施されております。尚、同財団は2011年には内閣総理大臣から公益財団法人としての認定を取得済です。

当同窓会は会員相互の親睦を深め、会員の経験・情報をもとにより一層の啓発をはかり、日米親善及び相互理解を増進することを目的として活動しております。

当同窓会活動への皆様の格別のご理解とご協力をお願い申し上げます。

Coming Up!

7月29日(金)
第1回日米フルブライト交流チャリティ・ゴルフ大会実行委員会
時間: 9:00~
場所: 日米教育委員会 会議室
9月16日(金)
第2回日米フルブライト交流チャリティ・ゴルフ大会実行委員会
場所: 日米教育委員会 会議室

WHAT'S NEW

2016年

7月

7月15日(金)2016年度FULBRIGHT REUNIONには約130名の参加者が集まり、盛大な会となりました。
写真はこちら→FULBRIGHT REUNION

2016年度 FULBRIGHT REUION総会講演会: エドワード鈴木氏2016年度 新フルブライター日米教育交流振興財団 理事長 飯野正子懇親会

6月

6月11日(土)”Garden BBQ Party at Kindergarten(やまた幼稚園)”には約20名の参加者が集まり、フルブライター同士で楽しく親睦を深めることができました。

5月

7月15日(金)講演会の講師、鈴木エドワード氏(鈴木エドワード建築設計事務所)は、「インターナショナルスクール・オブ・アジア、軽井沢(ISAK)」の設計で世界のグッドデザイン賞の元祖であるシカゴ・アテネウムから『2016シカゴ・アテネウム・グリーン・グッドデザイン賞』を受賞されました。

2月

2015年度(Vol.28)NEWSLETTERを発行しました。

2015年

10月

新FAAJグッズ販売を開始いたしました。FAAJグッズ販売

8月

週刊新潮に飯野正子氏(同窓会顧問)の記事が掲載されました。
週刊新潮2015.png

6月

1989年より長年に渡り、米国人奨学生に対しご支援いただいております志野基金創設者の志野義治様(写真左から3番目)と当同窓会および(公財)日米教育交流振興財団役員。
(於アメリカ大使公邸レセプション)
001.JPG

6月

飯野正子氏(同窓会顧問)のインタビューが日本経済新聞(2015.6.8発行)で紹介されました。
(クリックで拡大↓)
飯野さん記事 (800x783).jpg

Copyrights © 日本経済新聞 All Rights Reserved.

4月

フルブライターの飯野正子氏(写真右下)(日米教育交流振興財団理事長)、フルブライト留学中(1996年Syracuse Univ.)の恩師Prof. Ralph Ketcham(写真中央下)(Profeesor Emeritus, Syracuse Univ.)と半世紀ぶりの再会を果たされました。
ケッチャム先生.JPG

2014年

6月

フルブライト日本同窓生名簿発行 いたしました。
◆392ページ(ハードカバー 21.5×30×2.5cm)
◆2,500円(税+送料込)
◆内容はこちら→フルブライ日本同窓生名簿
同窓生名簿.png

2013年