フルブライト日本同窓会は、フルブライト奨学金を得て
米国へ留学した皆様の同窓会です。

 
米国の故ウイリアム・フルブライト上院議員の働きかけにより発足したアメリカと諸外国との相互理解を目的とした人物交流事業が「フルブライト交流事業」です。
 
この事業の一環として、当初はガリオア・プログラムとして1949年から1951年まで、約1,000名の日本人が米国へ留学しました。1951年には日米相互の人物交流に関する覚書が交わされ、1952年からは「フルブライト交流事業」が始まりました。1952年以降今日まで、フルブライト・プログラムとして米国へ留学した日本人は約7,500名にのぼります。
 
当初は米国政府資金のみで運営されていましたが、1979年からは日米両国折半となり、運営主体として「日米教育委員会」が設置されました。1982年には全国主要地区に「ガリオア・フルブライト同窓会」が設置されるとともに、その調整機関として、「ガリオア・フルブライト同窓会全国理事会」が置かれ活動してまいりました。
 
2012年の「フルブライト・プログラム」60周年記念事業を経て、2013年7月には、今後の同窓会活動の一層の活性化、組織強化の観点から「ガリオア・フルブライト同窓会全国理事会」を発展的に解消し、全国組織の一体化をめざし、新たに地区同窓会をも包摂した「フルブライト日本同窓会」が設立され、活動を推進していくことになりました。
 
1986年にはフルブライト同窓生により、日米教育交流振興財団が設立され、両国政府の資金に加え、民間資金の援助も受けることになり、現在では合計で年間にそれぞれ約50名の日本人と米国人の人物交流が実施されております。尚、同財団は2011年には内閣総理大臣から公益財団法人としての認定を取得済です。
 
当同窓会は会員相互の親睦を深め、会員の経験・情報をもとにより一層の啓発をはかり、日米親善及び相互理解を増進することを目的として活動しております。
 
当同窓会活動への皆様の格別のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
 

COMING UP! 


FULBRIGHT NEW YEAR'S PARTY 2019

2019年度フルブライト日本同窓会新年会・講演会を開催いたします。

 

【日にち】2019年1月17日(木)
【時 間】16:30 開場
              17:00 講演会・Q&A
             講師: Glen S. Fukushima 氏
         演題: 「2019年のアメリカ政治と日米関係を占う」(日本語)

                                       ▼詳細は下記ポスターをクリック▼

              18:30 懇親会
      

               20:00 閉会
【会 場】LinkIcon
               港区赤坂1-1-14 野村不動産溜池ビル8F
               アメリカンセンターJAPAN
【参加費】お1人様 3,500円
                学生    2,000円
【定 員】 80名 (定員になり次第締め切ります。)
【申込〆切】12月21日(金)
【参加申込】 LinkIcon新年会参加申込フォーム
 

 

 
 
 

WHAT'S NEW


9月

◆米公使邸若手同窓生の集い◆

 
米国大使館の主催で 9月 20夕、最近6年間( 2012-2017年度)にフルブライト留学した若手同窓生の集いが駐日米国首席公使邸で開催されました。ジョセフ・ M・ヤング首席公使の歓迎スピーチ、若手同窓生を代表して弁護士の塩川泰子さんの挨拶、日米教育交流振興財団(フルブライト記念財団)の文野千年男理事長の音頭で乾杯ののち、歓談・交流の時を持ちました。若手同窓生同士お互いのフルブライト留学経験や現在の研究や仕事について活発に情報交換を行ない、素晴らしいネットワーキングの機会となりました。
 
 

 

 ◆American Grantee's Welcome Reception◆

2018年度の米国人フルブライト・グランティの歓迎レセプションが9月12日夕、日米教育委員会(JUSEC)の主催で都内ホテルで開催されました。来日したばかりの米側の大学院生や日本の大学で教鞭をとる予定の先生方などグランティとその家族40名ほどが招待され、フルブライト日本同窓会、日米教育交流振興財団(フルブライト記念財団)の代表者も出席しました。文科省、米国大使館の来賓挨拶の後、文野千年男理事長が乾杯の音頭をとり、グランティらと楽しく歓談しました。
 
 

7月

7月17日に開催いたしましたFULBRIGHT REUNION 総会の写真は会員ページの『写真ギャラリー』に掲載中→写真ギャラリー


5月

 

◆来日した米側フルブライト留学監督機関メンバーと面談◆

 
世界各国とのフルブライト留学プログラムの監督、留学生審査を行う米国のJ. William Fulbright Foreign Scholarship Boardのメンバーを2016年から務めるSam Brown氏がこのほどAlison夫人とともに初来日し、2018年5月8日に文野千年男フルブライト日本同窓会会長、飯野正子日米教育交流振興財団(フルブライト記念財団)理事長らと面談しました。フルブライト留学プログラムの現状や日米それぞれの同窓生活動について意見交換を行い、その中で、Brown氏から日本のフルブライト留学経験者の活発な同窓会活動や同窓生等の寄付に基づく財団の留学生支援事業を高く評価するコメントがありました。
 

   

2月

 

開催◆

 
 

頭書イベントが若手のフルブライト同窓生有志により2018年2月17日(土)東京・六本木の政策研究大学院大学で開催され、多くの聴衆が集まりました。
TEDは米国で結成された非営利団体で、「広める価値のあるアイディア」をインターネットを通じて発信する運動を展開しています。
今回は“Connect the World”をテーマに、日米の若手フルブライト留学経験者やフルブライトの大先輩である明石康・元国連事務次長、榊原英資・青山学院大学特別招聘教授(元大蔵省財務官)など合わせて8名のスピーカーが交代で登壇し、それぞれの仕事や研究、留学、人生体験に基づく意見や主張を10数分ずつ語りました。
スピーチの合い間にはランチ交流会が開かれ、スピーカー、聴衆の活発な交流が行われました。若い時に留学し、視野を広げ、相互理解を深めることの重要性が強く伝わるイベントでした。
イベントの模様は今後、ホームページ http://tedxfulbrighttokyo.weebly.com/、Facebook、YouTube等で公開される予定です。


     榊原英資 氏 (U. of Pittsburgh, 1966)      明石康 氏 (U. of Virginia, 1955)           
© TED CONFERENCES, LLC Some Rights Reserved | TEDxFulbrightTokyo 2018